Archive from 6月, 2012
12.06.9 - 横歩取り    No Comments

横歩取りの奇襲! 2三歩戦法相掛かり

自分の実戦から、指されて困った作戦を紹介する。
今回は横歩取りからの相掛かりだ。

横歩取り2三歩戦法とは、初手から

▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △8四歩    ▲2五歩    △8五歩
▲7八金    △3二金    ▲2四歩    △同 歩    ▲同 飛    △2三歩(第1図)

と進む戦法だ。 詳しく…… »

【棋書感想】最新戦法マル秘定跡ファイル

関西若手四天王の一人である村田顕弘氏の書かれた本。

目次:
第1章 ゴキゲン中飛車対策 丸山ワクチン …… 5
第2章 四間飛車穴熊対策 銀冠 …… 35
第3章 石田流対策 居飛車穴熊 …… 53
第4章 一手損角換わり対策 早繰り銀 …… 93
第5章 横歩取り5二玉型対策 …… 127
第6章 相振り飛車(3手目6六歩) …… 155
第7章 2手目3二飛対策 相振り飛車 …… 181
第8章 参考棋譜 …… 211

1~7章の章末にはコラムがあり、こちらも読んで面白いものになっている。
また巻末には後書きがあり、筆者の思いがひしひしと伝わる。
さて、詳しく各章について感想を述べよう。 詳しく…… »

猫騙し戦法での一工夫

初手7八飛と二手目3二飛からはじまる三間飛車がある。
初手7八飛(以下、猫騙し戦法)が指されているのを見たことはないが、
二手目3二飛は佐藤新手などで最近話題だ。

そこで、佐藤新手を猫騙し戦法で使うとどうなるか、考えてみたい。 詳しく…… »

12.06.9 - 角換わり    No Comments

角換わり後手棒銀のすすめ

正調角換わりという戦型は、先手が勝ちやすい。
特に同型腰掛け銀はその傾向が強く、後手は受け一方になりかねない。
それは、プロ間で減っていることからも明白だろう。

そこで私は、後手棒銀をおすすめしたい。 詳しく…… »