縦の将棋の魅力と序盤作戦

 縦の将棋の魅力とは?
 私が思うにそれは、じりじりと仕掛ける時期を探りあい、戦いが始まれば一気に激しくなるところだろう。
 その独特の緊張感は、まさしく決闘のそれではないかと個人的には感じている。

 さて、では縦の将棋を指すには、一体どんな作戦があるのだろうか。
 今回はそれを紹介したいと思う。


 まずは先手番の三手目▲6六歩
 一時期藤井プロが用いたことでも有名なように、相振りと矢倉で指そうという作戦だ。
 例外は4手目△6二銀だが、これには▲7五歩から石田流にして一局だろう。

 さて、この作戦の優秀な点は、まず、先手矢倉は得意な人は非常に勝ちやすい。特に後手の急戦矢倉を受ける展開は、先後の陣形差が大きく、総矢倉にしてガッチリ受け、飛角桂で軽快に攻めて行けば勝ちやすい。
 持久戦になれば作戦の選択権が先手に移り、これまた自分にあった作戦で指せる。
 (余談だが、管理人は森下システムを好んで指している。これが指したくて矢倉を指していると言っても過言ではない)

 続いて相振り向かい飛車。確かに矢倉にすると受け一方になることもあり、勝ちにくい面もある。しかし、実際は後手を持って攻め切るのも容易でなく、受けが好きなら先手を持って充分に指せる。
 また、相振り飛車に特有の相手の陣形を見極めて、攻めや受けの形を柔軟に買えていく面白さは他にない。『矢倉+引き飛車での重厚なB面攻撃』と、『金無双+浮き飛車からの軽快な攻め』の両方が楽しめるので、是非とも一度指してみて欲しい。

 お次は後手番で縦の将棋に限定する作戦である。
 私がよくやるのは、2手目△3四歩から相振りと後手一手損角換わりの両睨み作戦だ。好みで一手損角換わりではなく横歩取りを指すのもありだ。

 まず、先手が三手目までに振り飛車を志向すれば(例としては▲7五歩/▲6六歩/▲6八飛など)、意気揚々と相振り飛車にする。
 相手の作戦によってこちらが振る筋や振るまでの手順は決まってしまうが、振ったあとの作戦選択権は後手にあるため、好きな作戦を指せるし、経験値も溜まりやすい。

 先手が三手目までに飛先を突けば、後手一手損角換わりか横歩取りにする。
 一手損角換わりは指し口が面白く、寄りまでに独特の距離感があるように思う。受ける展開は多いが、先手番の相振りで矢倉を好む方は同じように受けを楽しめるのではないだろうか。
 逆に先手番で相振りなら金無双だという方は、横歩取りをオススメする。軽快かつ縦横無尽に飛車が飛び回る指し口は近似する物がある。

 この記事を最後まで読んでくださったのなら、この機会に一度縦の将棋を中心に指してみては如何だろうか?