12.06.9 - 相振り飛車    No Comments

猫騙し戦法での一工夫

初手7八飛と二手目3二飛からはじまる三間飛車がある。
初手7八飛(以下、猫騙し戦法)が指されているのを見たことはないが、
二手目3二飛は佐藤新手などで最近話題だ。

そこで、佐藤新手を猫騙し戦法で使うとどうなるか、考えてみたい。

佐藤新手とは、
▲7六歩 △3二飛 ▲2六歩 △4二銀
の最終手△4二銀を指す。

以下
▲2五歩 △3四歩 ▲2二角成 △同飛
と進むと、銀も桂も3三に動かしていないために選択肢が増えるというものだ。
これを猫騙し戦法にも取り入れられないだろうか。

これまでの猫騙し戦法は
▲7八飛 △3四歩 ▲4八玉
と進むが、
▲7八飛 △3四歩 ▲6八銀
と指すのだ。
▲4八玉に比べ、以下のメリットがあると思う。

1.乱戦調になりにくい
→ 4五角の筋も筋違い角もしにくいとなっては、手損となる角交換そのものをしづらいため
※4五角は6七を6八の銀が守っており成立しない。
※筋違い角にはこちらも5六角と合わせて筋違い角を打てるため、しにくいと思われる。


2.相振りに強い
→ 『角交換歓迎・左銀自由・玉形自由』と、良い要素が揃っており、これ以上ないほど

 3.対抗系にしやすい
→角交換や相振りなら特なので、後手は対抗系を選ぶのが最善と思われる

以上から、ノーマル三間飛車を指すのに最善の出だしではないかと考察する。
現在の石田流は無双状態のため、わざわざこんな趣向を凝らす必要はない。

しかし、ノーマル振り飛車は角道が止まっているため相振りで勝ちにくかった。
そこで、相振りにも角交換にも強いこの出だしである。
これならば、ノーマル三間も活躍できるのではないか。

そもそも先手三間飛車は急戦に滅法強い。
相振りを克服しやすいこの形を手に入れたならば、敵は居飛穴だけだろう。
居飛穴退治は得意だが相振りが……というノーマル三間党は、是非とも使ってみて欲しい。