12.06.9 - 横歩取り    No Comments

横歩取りの奇襲! 2三歩戦法相掛かり

自分の実戦から、指されて困った作戦を紹介する。
今回は横歩取りからの相掛かりだ。

横歩取り2三歩戦法とは、初手から

▲7六歩    △3四歩    ▲2六歩    △8四歩    ▲2五歩    △8五歩
▲7八金    △3二金    ▲2四歩    △同 歩    ▲同 飛    △2三歩(第1図)

と進む戦法だ。


ここで先手には▲2六飛と引いて相掛かりにするか、▲3四飛と横歩を取るかにわかれる。
▲2六飛も一局だが、横歩取り党なら▲3四飛と取りたい。
また先後共に横歩を志向したのにも関わらず、取れる歩を取らないのも変な話だ。
しかし、後手はそこにつけ込む。第1図から

▲3四飛    △4二玉(第2図)


△4二玉が面白い手。
自分としては盲点になっていた手で、後手の方に上手く指されたと思った。
そしてここからの構想がまた工夫されていると自分は思う。

第2図から、
▲3六飛    △8六歩    ▲同 歩    △同 飛 ▲8七歩    △8二飛
▲5八玉    △7二銀    ▲2六飛    △8三銀 ▲3八金    △8四銀(第3図)


実戦からとった棋譜のため悪手もあると思われるが、
後手の狙い筋を見るには都合が良いためそのまま掲載する。
狙いは単純明快。
飛車先を交換してからの棒銀。
先手が手番の得を歩得に変換したので、後手はその分
コンパクトな苺囲いわかりやすく破壊力の高い棒銀
でガンガン攻める。

先手としては相掛かり後手を持たされているようで嫌な感じだ。
こうなるのなら、はじめから飛車を引いて相掛かりにした方が先手の得が生きるのではないだろうか。
おそらく何か対抗策があるのだろうと思われるが、個人的には
『一歩の得が生きる場所がわからない』かつ『主導権を握られている』
ので指したくない戦型だ。

次に2三歩と打たれたのなら、自分はきっと▲2六飛と引くだろう。