横歩回避の三手法

横歩取らず、つまり横歩取りを回避する作戦は大きく分けて3種類ある。
 1.角換わり
 2.矢倉
 3.相掛かり
まずはそれぞれどう変化するのかを見ていこう。


1.角換わり
▲一手損角換わり
 これはいわゆる先手一手損角換わりの形だ。
 飛先と角道の歩をお互い一つずつ突いたところで先手から角を換える。
 先手は後手一手損角換わり+一手指せる計算だ。
 つまり、先手番としてはあまり面白くないが自分の土俵に引きずり込んで戦おうと言う主張。
 後手としては先手が6四歩と突いた瞬間に棒銀に出たい。

2.矢倉
▲無理矢理矢倉
 田中寅彦考案の無理矢理矢倉だ。
 角道を止め、飛先を突いた形の矢倉に持ち込む。
 後手が8五歩とすぐに伸ばさなければ、藤井矢倉や加藤流で一局となる。
 少しでも得を求めるのであれば△8五歩▲7七角の形は決めておく。
 先手の7七角が悪いため、後手はここから急戦や飛先の交換など目指すことが可能である。
 先手でこの形に持っていくのはよほどゆっくりした将棋に自信があるとみるべきだろう。
 個人的にこの形は後手の急戦が一番面白いのでは無いかと思う。

3.相掛かり
相掛かり2六飛型
 相掛かりの形は先手も色々工夫ができるが、多いのは浮き飛車の2六飛と引き飛車の2八飛ではないかと思う。
 まず、浮き飛車に対してはヒネリ飛車を狙いたい。
 特に稲葉流の△8五飛~△2五歩~△8八角成~△3三桂として、
 以下3五歩、8四飛からのヒネリ飛車を狙う構想だ。
 この構想が優秀で後手の勝率が高い模様。
 引き飛車に対しては先手の注文に乗っているようで恐い所があるが、それでも横歩を取りたいところ。

どの形も後手で横歩取りに誘導するのであれば必修の戦型といえよう。
横歩を回避されたから優勢になる、とまではいかずどれも難しいが、ほんの僅かながら
無条件で得をする戦型ではあるので、その得が生きるような戦い方を選びたい。